非平衡ダイナミクス研究室
Japanese/ English
home
研究室紹介
メンバー
セミナー
論文
リンク
アクセス
hishi

卒業論文の題目リストです。


●2021年度

【卒業論文】
  ・青柳 紗月『外力に勾配がある環境下での真正粘菌変形体の応答』
  ・佐久間 絢子『パラフィンの急冷却による亀裂発生過程の観察』
  ・原 明穂『Granular raft形成過程での水面の形のシミュレーション』

●2020年度

【卒業論文】
  ・馬杉 遥『チューリングパターンで観察する非線形項の効果』
  ・松島 沙苗『重くて暖かい流体の密度流』
  ・田口 真実『phase field 法を用いた霜形成の数理モデル』
  ・中塩屋 璃奈『パラフィンの液滴と水の水面の衝突実験』
【修士論文】
  ・下村 真唯『超水滴法を用いた降雨の研究』
  ・塚香乃子『冷却によるパラフィンの亀裂の静的な成長と分岐について』
  ・山崎 真由美『ランダムグラフ上の結合振動子系における同期の研究』

●2019年度

【卒業論文】
  ・松下 綾佳『結合振動子系の分岐現象の研究南雲モデルの場合』
  ・齋藤 友美『粘菌変形体の経路選択』
  ・臼井 優佳『粘性流体中の多層円盤構造の時間発展–トルクと変形の関係–』
【修士論文】
  ・藤本 道子『粘性液体中で水面に向かい成長する液滴の寿命』

●2018年度

【卒業論文】
  ・下村 真唯『非平衡統計力学について-ローレンツ方程式による粒子の挙動-』
  ・竹中 笙子『Fiber bundle modelを用いた筋線維の破壊過程のシミュレーション』
  ・塚 香乃子『電流がラポナイトゲルの亀裂パターンに与える影響について』
  ・山崎 真由美『ネットワーク型結合振動子の研究 蔵本モデルの場合における検討』
【修士論文】
  ・尾尻 礼菜『真性粘菌変形体の遠心力に対する応答について』
  ・栗田 環『結合対流モデルの解析と気象への応用』
  ・田中 真弓『超水滴法を用いた降雨のシミュレーションの研究』
  ・真野 深雪『2次元シミュレーションを用いた柱状節理形成過程における自己冷却効果の研究』
  【博士論文】
  ・冨士 香奈『多自由度系に対する振動状態の変化点検知手法の開発』

●2017年度

【卒業論文】
  ・川上 莉穂『複雑ネットワークの壊れやすさを考える』
  ・藤本 道子『シュークリームの泡構造における材料の効果』
●2016年度

【卒業論文】
  ・小田幸穂 『不満データにおける用語の頻度分布』

●2015年度

【卒業論文】
  ・中野 真里 『Phase-Fieldモデルを用いた自己駆動亀裂の二次元シミュレーション』
【修士論文】
  ・神戸 舞 『結合振動子系における動的緩和現象の解析』
  ・森田 沙代 『結合位相振動子系における多様な動的現象の解析』

●2014年度

【卒業論文】
  ・古川 真衣 『DNA・タンパク質系における化学ラチェットの研究』
【修士論文】
  ・櫛田 茉実 『大自由度力学系における振動エネルギー移動の解析』
hishi

To the homepage of Nara Women's University奈良女子大学, 物理科学科, 非平衡ダイナミクス研究室
Since April 1 2014